霧の箱庭

大学生。趣味は料理とゲームをすること。生活を改善するために思ったことをメモ代わりに書いていく方針です。

ミスト's キッチン笑 #2 鶏そぼろ丼

どうも、miStです。よろしくどうぞ。ネタがないからとりま料理をあげとけシリーズ第2弾です。どうせ3日坊主で終わるんだろと思われてそうだったけど続きます。


さて今回は、鶏そぼろ丼を作りたいと思います。



ドンッ!!!(早速ネタの使い回し)





同じみいきなり完成品です。これをやらないとサムネイルに一番先頭の写真が選ばれるとかいう仕様で完成品を最初に乗っけないと大人の都合でダメなんですよぉ〜っ←知らねえよ。

これを見て旨そうだと思った貴方!これがあれば作れますよぉ〜↓↓↓↓↓


材料の方々です。鶏もも肉の挽肉、刻み海苔、ネギ、生姜どす。
どんぶりを肉で埋め尽くしたい!といった日本男児は、写真の通り、2パックが適量です。盛大にがっつけ。

写真以外にも、卵黄、みりん、醤油、料理酒などが必要ですが、こいつらは冷蔵庫開ければ勝手に入っていることが100%なので割愛します(撮るのがめんどくさかっただけ)


調理開始です。







まずフライパンに先ほど割愛した醤油、料理酒、みりんをぶち込みます。分量?知らねえなぁ〜 全部大さじ3体3体3だよ!!オラァ!!







ふつふつしてきたら鶏もも肉をドボン!!
あと、この時に生姜チューブをひとひねり入れておこう!
肉がこの汁を吸うのが目的のため、蒸発しないうちに早めに入れましょうね。






はい〜入れたものがこんな感じになります(想像できるだろ)
この段階で、ヘラなどで糸のようになっている挽肉に切り込みをザクザク入れていきましょう。






蓋をして肉が汁を吸い込むのを待ちます。じっくりコトコト(そんなコーンスープあったよな。クソどうでもいいけど)


この待っている時間、効率的に使いたいものです。というわけでネギを切りましょう。






なんてことはない…





見慣れた鶏そぼろになりましたね。中火3分くらいでこんな感じに汁をすべて挽肉が吸います。意外と早いから焦がさないように。





もうほぼ完成です。
米の上に盛って、卵が落ちる穴を作ってあげましょう。


そして、先ほどのネギと、卵黄、海苔をふっかければ出来上がり。









お好みで七味などをかけて食べましょう。
塩とかしょっぱい系の調味料は一切不要です。鶏そぼろがすべてを演出してくれます。いや〜うまい。




反省点は、調子に乗って醤油を入れすぎたところですかね。うまいんですが麦茶必須でした。
醤油2 みりん3 料理酒3くらいが丁度いいかと。砂糖を少し入れても面白そうですね。まぁここらへんは個人の好みなので好きにやってくれ。

というわけで、いかがでしたか?元ネタはすき家の鶏そぼろ丼です。本家にも負けず劣らずのいい感じだったと思います(調理の手間を除いて)



では。アディオス〜