霧の箱庭

「みすお」と申します。社会人3年目。趣味は料理とゲームをすること。生活を改善するために思ったことをメモ代わりに書いていく方針です。

a flood of circle というバンド

 

ども。みすおです。

突然ですが皆さん、a flood of circleというバンドをご存知でしょうか。

 

僕がこのバンドを知ったきっかけは、とある友人からの紹介でした。

 

まずは、聴いみてくれ

 

f:id:almdaloy:20210517012832j:image

https://youtu.be/rxJdDUKrVmM

 

youtubeで検索すると1番トップに出てくる「花」というアルバムなんだが、a flood of circle(以下フラッド)の特色として、辛いけど、泥臭く生きて這い上がっていく。というメッセージを感じるものがいくつかある。

 

ボーカルの佐々木氏の吠えるようなシャウトが強烈な印象を裏付けている

 

個人的には「シーン……眠れる毛布はどこにある…傷が癒える日はいつだろう」のとこが好きです。好きですねぇ〜

 

フラッドの魅力的なところは、「花」のような言うなれば、ザ王道のような曲もあるし、あまり知られていないアルバムに潜んでいる曲も良いものがある。煌めく原石の如く光るものが見つかる楽しみがあるのだ。

 

ハズレ曲がないっていうか、それぞれの曲が個性を持っているというか…

 

じゃあ、「花」以外だと何があるんだ、と。

紹介しようじゃないか。ここまでは入り口部分にすぎない。ここからがフラッドの真骨頂なのだから

 

 

f:id:almdaloy:20210517012922j:image

https://youtu.be/67qTqEs1h3U

ghost

「カオノーナイ…ゼツボーゥガ…」

 

「花」印象から一変。シャウトと疾走感あるギターの旋律。半端じゃない!マジカッコ良すぎるぜ!

歌詞とか頭に入ってこなくていいんです。気分が高揚すれば、それでいいんだ。耳で感じろ。この疾走感を。。。

 

 

f:id:almdaloy:20210517013006j:image

https://youtu.be/hM1dDnysaHE

「forest walker」

疾走感のあるghostとはまた一転、ローテンポで力強い、まさに、獣!って感じの曲。これもマジカッコいいんすよね

 

 

 

f:id:almdaloy:20210517013045j:image

https://youtu.be/yuqWxv_b9Bc

「プリズム」

おいおいおい!フラッドさんよ!明るい曲調までいけちゃうんかいと!!休日の朝、散歩しながら聴きたいぜ…

 

 

このように、フラッドの魅力は、それぞれが個性的な楽曲が散りばめられているところだと俺は思う。

 

あと、何よりも重要なのが世間に出回ってない、「知る人ぞ知るバンド」 

というところだ。

俺だけが知っている。俺と分かち合った友だけが知っている。それでいいじゃないか。フラッドを好きな俺が、俺なんだ!周りの目なんてどうでもいい。大して仲のよくないやつに、何その曲って言われてもいい。むしろお前が触れるな!これは俺の曲だ!分かる奴にだけ分かればいい!腹を分かち合った者同士で共有するだけだ!分からないのであれば、去れ!!!

以上。