霧の箱庭

大学生。趣味は料理とゲームをすること。生活を改善するために思ったことをメモ代わりに書いていく方針です。

ミスト's キッチン笑 #6 親子丼

どうも、春休みを利用して働きまくってるイケボのmiStさんです。


ここ最近バイトしまくってるので外食が多いですね。じゃあ家帰った時作ればいいじゃんって思うんですけど、バイトが終わり疲れて帰るときにはもう頭の中では横になりたいとしか考えていません。家には冷凍食品しかないので(またかよ) こいつらを加工してるだけのを記事にしてもなぁ〜、と思うわけですよ。はい、それらの理由で更新頻度がダダ下がりっす!ははっ




そんな僕が重い腰を上げてスーパーに寄り、作ろうとしたものがこちら!↓↓(タイトルでネタバレしてるじゃん)










みんな大好き親子丼です。
親子丼というと僕は無意識に親子かめはめ波を連想してしまいます。くそどうでもいいですね。関連性があるとしたら「親子」だけなのに脳内でちらついてしまう…こういうことって、あるよなぁ〜 他に例が思いつかないけどよぉ〜
あ、思いついたわ、焼肉屋でミノを頼んだら頭の中でミノタウルスって単語がふわふわしてたりとか… してなかったりとか…わかりづれぇなぁ










はい材料の方々です。ずいぶん省略しちゃいました。ぶっちゃけ必要な材料はほんとに少ない。


鳥のもも
たまねぎ


しょうゆ
みりん
料理酒
砂糖
わざわざ買うほどでもないけどあれば入れとこう鶏ガラスープの素。



こんだけ。
実は、写真自体は一週間前に撮りだめしておいたんですけど、ブログに書く気が起きなかったので保留してました、しかし、記事を書き始めれば意外とスラスラ文書が浮かんでくるものですねぇ。







まずは玉ねぎを切りましょう。皮むいて半分に切って繊維にそって切れば細長くてバラバラしたものになります。







続いてフライパンにしょうゆ、みりん、料理酒。砂糖ちょっとだけ、水コップ1/4くらいを全部ぶち込んで、玉ねぎを入れて中火。しょうゆみりん料理酒は全部大さじ2ずつぐらいがベストだと思うけどいちいち測るのめんどくさい時は感覚でもいいと思う。味の濃さがこの時点で決まっちゃうから気をつけよう♪








しばらくするとあんなに大きかった玉ねぎがすっかり小さくくなるので、玉ねぎに色がついてきたぐらいで鶏肉をぶち込む。汁が残ってる間に入れましょう。







しっかりと中まで鶏肉に火を通すために中火か弱火で。この写真のくらいになってきたら溶き卵を入れましょう。しっかりと卵が浸透するためにまんべんなく溶き卵の染み込む空間を作ってあげると良い。









はいもうほぼ完成。卵が固まらないトロトロしてる半熟のうちにどんぶりに盛りましょう。ちょー簡単。








できました。酒飲みながら食います。くぅ〜!ちなみに、パセリを加えると緑が入っておいしそうに見えます。
卵が汁を吸い取りとても美味です。肉が無くてもこれだけでもいいくらい。








天かすをかけてもうめえ!








海苔をかけてもうめえ!!(はよ食えゃ)




感想は、シンプルでかつ、美味いです。素材の味が生きてます(適当) the 和食って感じです。普段は洋食ばっか食ってる変態ですが、たまにはいいですね。 しょうゆみりん料理酒の配分がわりかし重要で、この段階でいろいろ工夫して見るのもいいんじゃないかと思いました。はい、久々の更新でした。

では、adiós〜(^O^)